店内の壁を有効活用したウォールアートは売上アップに効果大!制作を依頼する前に必ず確認したい集客効果を出すためのポイント

こんにちは!
湘南を拠点に活動する画家、しゃがです。

 

近年の爆発的なSNSの普及により、料理の味と同じくらいに見た目が重要視されるようになった飲食業界。

 

『味には自信があるのに、集客力が弱く食べに来てもらえない…』
『インスタ映えを意識して盛り付けにこだわっているけど、そもそもお客さんが少なくて拡散力が弱い…』

 

こんな声を聞くことが非常に増えて来ました。

 

最近はインスタ映えを意識した飲食店が溢れかえり、一周回って他店と差別化ができずに名の知れた有名店にお客さんが流れてしまうという悪循環まで起きています。

 

特にインターネット上で高い拡散力を持つ若い世代は
『他者と違う選択をしたい』
『流行には敏感でありたい』
という欲求を常に抱えているため、たとえインスタ映えする料理でも

 

・撮ったけど背景が残念
・なんか物足りない
・店内のどこで撮っても何だか映えない。
・ありきたりな内装だと人と被る。
・料理だけじゃなく自分も写りたい!

 

といったニーズを若者は抱えており、オンラインで拡散されることが要の近年の飲食業界において、その声は無視出来ないものとなって来ました。

 

そこで、私が今回ご提案したいもの。

 

それこそが『ウォールアートを活用した店内のインスタ映え』です!

リフォームの必要なし!個人店でも依頼しやすいウォールアートによる飲食店の演出

内装を丸々変えるのは大変でも、壁さえあればウォールアートは自由に描くことが出来るため、最も現実的で効果的な演出手段なのです。

 

今回は実際にご依頼を頂いた、神奈川県 藤沢市 江ノ島 すばな通りにオープンしたばかりのお洒落なカフェ、『Cafe Grand Line』様を例にご紹介します。

 

元々こちらのお店は大通りから人目につかない2階に店舗がありましたが、心機一転し大通りに面した場所にリニューアルオープンしました。
それに伴い、店内の真っ白で大きな壁にウォールアートを描いて欲しいとご依頼を頂きました。

 

『Cafe Grand Line』と聞いて、その響きに聞き覚えがある方も多いはず。
そうです、あのグランドライン。
ワンピースに登場する偉大なる航路『グランドライン』が、お店の名前の由来なんです。

そんな店内は実際の船で使われていた木材を使用したカウンターやインテリアが施され、まるで船内にいるかのような特徴的な内装になっています。

 

しかしながら、インスタ映え激戦区である江ノ島エリアで人を呼び込むにはもう一声のこだわりが欲しく、お客さんが思わず写真を撮りたくなるようなウォールアートを考えて欲しいとのことでした。

 

海をイメージしたグランドラインにぴったりのウォールアート。
料理と一緒に写真を撮るもよし。
自撮りするもよし。
集合写真を撮るもよし。

 

思わず写真を撮って人に見せたくなってしまうような、そんな仕掛けに満ちたウォールアートを考えました。

 

 

店主さんのご要望が海の生き物の絵でしたので、壁全体を海の中に見立てて海の生き物を一面に描かせて頂きました。

ウォールアートを活用すると、店内でこんな写真が撮影できます

大きな口を開けてこっちへ来るクジラの絵

まるでクジラに食べられてしまいそうな、ダイナミックな写真が撮れるクジラの絵。

 

このクジラの前で写真を撮れば、

 

・クジラに食べられてしまいそうな料理
・自分が食べられそうになっている写真
・お子さまがクジラを観てびっくりしている写真
etc…

 

アイデア次第でクジラと一緒に様々な撮影が可能です。

カップルにもおすすめ、江ノ島ならではのしらすのハート

カップルでの記念日などで好評頂いているのが、こちらのしらすのハート。

 

上から下にかけて、大きなしらすが段々と原寸大になっていくしらすのハートで写真を撮れば、江ノ島で過ごす記念日の写真にぴったり。

 

グランドラインのおススメ料理のしらすパスタをハートの下で持って撮れば、パスタにしらすが飛び込んでいくようなトリックアートも撮れてしまいます。

 

そしてなんとこのシラスには隠れミ◯キーのような仕掛けが……
もしグランドラインに行くことがあれば、しらすを一匹一匹よーく見てみてくださいね。

リアルな模様が人気、名物にちなんだサバの絵


グランドラインの名物であるサバサンドにちなんだサバの絵です。

 

これはもう…憂鬱な顔で自分の最期を見つめるサバでしょうか…なんだかシュールな写真も撮れちゃいます。

 

ウォールアートで楽しめる写真の例を挙げるときりがないので3つに留めましたが、お客さまのアイデア次第で『こんなことも出来るのか!』と私が驚かされるような写真も。
無限に遊べてインスタ映えする、お店にぴったりのウォールアートで店主さんにも大変ご満足頂きました。

 

実際にご来店されたお客さまが写真をタグ付けしてSNSに投稿して下さるため、店内での満足度アップのみならず集客に繋がっているとご好評をいただいております。

 

『フォトジェニックが大切なのは分かっているけど、店内をリフォームするには費用がかかるし
その間にお店を閉めるわけにもいかない…』

 

そんな悩みを抱えたお店にこそ、店内の雰囲気を大きく変えれるウォールアートはもってこいです。

 

この記事でご紹介したウォールアートは、全て営業中にライブペインティングのように描かせて頂いたものです。
スプレーや臭いのする画材は一切使使用しておりません。

 

営業中に制作したため、お客さまにはお食事をしながらライブペインティングを楽しんで頂けたと同時に、『描いてるところが見れるのが楽しい!』と作業期間の間に何回も訪れてくださるお客様もいらっしゃいました。

 

・お店のSNSに力を入れていきたい
・インスタ等で拡散してもらえるような雰囲気のお店にしたい
・お店の中にワンポイントでも遊び心を持たせたい

 

どんなご要望にもご相談に乗りますので、まずはお気軽にお問い合わせください

 

ウォールアートの制作費の目安・詳細はこちらをご覧ください。

The following two tabs change content below.

著莪

湘南で活動する23歳若手画家・イラストレーター 宝石タロットで視る1week12星座占いをブログで発信中の他 DailyReadingで導き出されたカードの宝石の色をテーマに コーディネートと宝石ネイル。占いや宝石の神秘的で 素敵な力を色んな世代に届けたく邁進中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。